小学生の家庭学習、何をすればいいの?具体的な方法

当ページのリンクには広告が含まれています。
家庭学習何をすればいいのアイキャッチ画像

宿題以外の勉強はなにさせようかな

小学生の家庭学習、何をすればいいのかと悩む親御さんのために、この記事では具体的な学習法を提案します。
学校の授業だけでは補えない学習量やスキル、時間配分や習慣化のコツ、教材の選び方、教育アプリやワークブックの活用法まで、幅広く解説しています。
また親自身の役割についても触れ、成果を上げるための親子コミュニケーションの大切さも説明します。

うんこドリルの紹介

うんこドリルは累計1000万部売れており、小学生の2人に1人持っているといわれる学習ドリル。

「うんこ」という魔法のワードを織り交ぜることで、小学生がやる気をもってドリルに取り組めます。
うんこドリル算数うんこ漢字ドリルなどについて紹介記事を貼りますのでご覧ください。

目次

家庭学習の必要性

勉強をする子ども

近年、学校教育だけでは子供たちの学習量が不足するという指摘が増えています。
そのため、家庭での学習が必要となってきたのです。特に小学生の頃は、学習の基礎が形成される重要な時期であり、自宅での学習がその基礎を固める一助となります。
また、個々の子供が自分で勉強する時間を確保することで、自己管理能力や責任感を養うことも可能です。
さらに、学校では時間の都合上、深く掘り下げられない部分を自主的に学習することは、将来的に大きな力となります。

小学生における自主学習の重要性

小学生の段階では、自主学習を通じてさまざまなスキルを身につけることが可能です。
その一つが自己管理能力です。自分自身で学習時間を設定し、それを守り続けることは、後々の社会生活においても大切なスキルです。
また、自分で調べ物をしたり、問題に向き合ったりすることで問題解決能力や判断力も養えます。
それらは、学業のみならず、日常生活や社会生活全般においても必要な能力です。
そして、何よりも自主学習は子供自身の興味・関心を引き出し、主体性を育む素晴らしい機会であると言えます。

学校だけでは足りない学習量

現在の学校教育では、子供たちに仕組みや事象を理解させるための時間が足りないのが現状です。
また、全ての子供が同じ時間で同じ内容を学ぶという形式では、個々の理解度は大きく異なります。
よって、家庭学習は、学校教育だけでは十分に学べなかった内容を補う場であり、自分のペースでじっくり学ぶことができるのが大きなメリットです。

家庭学習で得られるスキル

家庭学習を通じて、子供たちはさまざまなスキルを得ることが出来ます。
具体的には、自己管理能力、自己判断能力、問題解決能力、自尊心の向上、向上心、好奇心、主体性、などです。これらはただ学校で教えられることを一方的に受け取るだけではなかなか養うことが出来ません。
何かを自発的に学んだり、調査したり、問題を解決しようと自分で考えたりすること。これらは全て家庭学習ならではの学びと言えるでしょう。

効果的な家庭学習の方法

デスク回り、タブレット

子供が家庭で学習することで、学校での学習だけでは不足しがちな内容を補うことができます。
しかし、ただ漫然と膨大な量の問題を解くだけでは、必ずしも理解が深まるわけではありません。
効果を出すためには、どのような勉強をするべきか全体的な計画を立てることが重要です。
そのためには、まず、子供の学習状況を把握し、どの教科が苦手でどの教科が得意か、どの領域が理解できていないのかの見極めが必要となるでしょう。

次に、それぞれの教科や領域についての学習方法を検討し、実践していくことが求められます。

小学生に適した家庭学習法の紹介

小学生においては、まだ自分で計画を立てて学習することは難しいかもしれません。
そのため、親が積極的に関わり、一緒に学習計画を作ることが大切です。
また、小学生の学習法は、自分で考えて答えを導き出すことを重視した方法が効果的です。
つまり、ただ教科書を読むだけではなく、実際に手を動かして何かを作ったり、実験をしたりすることで、自ら考える機会を増やしていきます。

さらに、学習時間も決めてしまうと、「学習=苦痛」といったマイナス思考に繋がりやすくなってしまうため、時間を区切るのではなく、ある程度の目標を設定し、それが達成できれば終わりというスタイルが効果的です。

各教科別の効果的な勉強法

各教科ごとに効果的な勉強法が異なるのが一般的です。

算数においては、例えば算数ドリルを使った反復練習が効果的でしょう。
一方、国語の場合は、文章を音読することで読解力を鍛えるのがおすすめです。
社会は、新聞記事を切り抜いてそれについて考えるといった活動が効果的です。
理科では、自然の中で観察を行うなどの実践的な学習が推奨されます。
英語では、実際に使われているフレーズを覚えることや、楽しく英語に触れることが大切です。

うんこドリルは、小学生がやる気と楽しんで取り組める学習ドリルです。
簡単に始めることができ、小学1年から6年までそろえており、学習習慣をつけるきっかけにも使えます。

学ぶ姿勢を育てる学習法

家庭学習の中で重要になるのが「学ぶ姿勢」を育てることです。

どうしたら学びたいと思えるのか、自分自身で考え、解決策を見つける力を育てることが重要です。

そのためには、目標設定や自己評価、自己反省を行い、自分がどう成長していきたいのかを具体的にイメージすることが重要となります。

このような「学ぶ姿勢」の育成は、学校の成績だけでなく、人生全般を通じて活きてきます。

具体的な方法としては、目標を紙に書き出して壁に貼り、毎日それを眺めることです。
それにより、自分が何のために学ぶのかを意識するようになるでしょう。

家庭学習における時間配分の重要性

宿題のノート

時間配分は、日々の生活におけるリズムを保つための絶対的な要素となりますが、それは家庭学習においても同じです。

小学生の学習においては、教材を活用したり、集中力を高めたりすることも重要ですが、それらをどのように時間を割いて行うかは成功への鍵となるのです。

一日の24時間をどのように使うかは、生活習慣を左右し、学習効果や学業成績に大きな影響を与えるでしょう。

特定の時間帯に集中して学習することで、効率の良い学習が可能となり、また、必要な休息時間を確保することも子どもの身体と脳の発達にとって重要です。

一週間の学習スケジュールの立て方

一週間の学習スケジュールを立てる際には、何を学習するかだけでなく、何時に学習するかも図る必要があります。まず、学校の授業時間や課外活動の時間をリストアップしてください。

次に、各教科の学習にどれくらいの時間をかけるべきかを計画しましょう。

その際、苦手な教科や重点的に伸ばしたい教科への学習時間を増やすことも視野に入れてください。

また、一日に学習する時間帯も重要です。

集中力が高まる時間帯を見つけ、その時間帯に集中的に学習できるよう計画することも忘れないようにしましょう。これらのことを全て考慮に入れた上で時間割を作ることで、学習の効率が高まります。

小学生が集中できる時間帯とは

人は一日の中でも生理的なリズムがあり、特に子どもはこのリズムに強く左右されます。

多くの小学生にとって最も集中力が高まるのは、午前中の授業時間帯です。

特に、登校後一番初めの時間帯は優れた学習チャンスとなりえます。

しかし、全ての子どもが同じ時間帯に集中できるわけではありません。

それぞれの子どもの生理的なリズムと性格に合わせて適切な学習時間を見つけることが必要です。

夜型の子どもや放課後に元気になる子どももいますので、そのような子どもに対しては夕方や夜の学習が推奨されるでしょう。

各教科の学習時間のバランス

各教科の学習時間のバランスをとることは、適切な知識の吸収に不可欠であり、学業の基盤を作る上で重要な要素です。特定の教科だけに偏った学習は、広い視野を持つことを妨げるでしょう。

各教科をバランスよく学ぶことで、知識が相互に結びつきやすくなり、深い理解を促すでしょう。

しかし、それぞれの子どもには得意、苦手な教科があります。
得意な教科はさらに深め、苦手な教科は克服することを目指し、学習時間を配分していくことが大切です。

教科を全て平等に学びつつ、個々の状況に合わせた配分も行うことが理想的な学習時間のバランスを保つ一助となるでしょう。

家庭学習を習慣化するコツ

宿題のノート

家庭学習を習慣化することは、学び続ける習慣を身につける上で非常に重要な要素です。

しかし、初めてのことに挑戦する際、一番難しいのは続けることでしょう。

中断してしまうと頭に入った知識も途端に減ってしまうかもしれません。
しかし、どうしたら家庭学習を日々行える習慣にすることができるのでしょうか?

そのコツとしては、お子さんの興味を引く教材を使用すること、達成感を味わえるような勉強方法を導入すること、そして何よりも自分のペースで学び進めることが挙げられます。

学習習慣を確立させるための方法

学習習慣を確立させるためには、まず始めることが大切です。

「やる気が出るまで待つ」のではなく、「やり始めることでやる気を引き出す」のです。

しかし、ただやれば良いというものではありません。
どんなに努力しても、お子さんの興味がないことに対しては意義がありません。
ここでは、お子さんが自ら学びたいと思えるような内容を提供するとともに、それを組織的に学んでいくためのスケジュールを組む事が求められます。

また、学習が達成感とともに終われるような工夫も重要です。

たとえば、短期間で解ける問題集を用いたり、達成度を可視化できるツールを使用するなどすると良いでしょう。

自分のペースで学習する重要性

どんなに優れた教材を使っても、自分のペースで進めないと結果は出ません。

忙しくて学習時間が確保できない日があったとしても、焦ることなく、自分のペースを崩さずに進めることが大事です。

また、1日に何時間も連続して勉強するのはお子さんにとって負担になります。

短時間でも集中して取り組むことが、学習効果を高めるコツではないでしょうか。
また、自分のペースで進めることで感じる達成感は、継続的な学習になくてはならない要素となります。

習慣化には何日かかる?

習慣化には一定の期間が必要です。

一般的には、新しい習慣を身につけるのに約2~3週間、つまり最低でも21日間は続けることが必要だと言われています。

しかし、これは目安であり、実際には個人差があります。

ですので、必ずこの範囲内に収まるとは限らないのです。
また、新しいことを始める際には、必要以上に長い時間を確保するよりも、一日の中で確実にできる時間を設け、その時間を毎日のルーチンとして確立させることが大切です。

家庭学習用教材とその選び方

家庭学習は小学生の成長にとって、学校の学習だけでは補えない要素を深める重要な時間です。

特に学校では学べない独自の知識を吸収するのに適した家庭学習用の教材選びは、非常に重要な行程となります。

ワークシート、教科書、参考書、プリント等、さまざまな教材が購入できる現代では、子供の興味や理解度、習熟度に合わせて、それぞれに最適な教材を選ぶ必要があります。

また、子供が楽しく学べる環境を整えるために、親からのサポートも欠かせません。

教材選びで重要なポイント

初めての家庭学習教材選びで迷っているのなら、まず子供の学習目標を確認することが大切です。

教材選びの際には、「子供の学習進度はどのくらいか」「何をもっと学ぶべきか」「得意・苦手な教科は何か」等を把握し、それに合わせて子供が理解しやすい教材を選ぶようにしましょう。

そして、値段だけで選んでしまうと、質の悪い教材を選んでしまう可能性があります。
それよりも、教材の内容やレビュー、評価をよく確認し、その上で購入することが大切です。

おすすめの家庭学習用教材の紹介

市場には、さまざまな家庭学習用教材があふれています。
そんな中から、特におすすめする教材をいくつか紹介します。

うんこドリルは、算数から漢字、文章題など学習内容が豊富で子供が自然と学べる教材です。「うんこ」という魔法の言葉で、すぐに解答が確認でき、理解度を深めることができます。

また、うんこドリル算数は数字だけでなく、図形や計算問題も含まれているので幅広い学習が可能です。これらの教材を適宜組み合わせて活用してみてください。

教材を上手く活用する方法

教材選びが終わったら、次はそれをどのように活用するかが重要です。

まず、子供自身が主体となって使う教材を選び、自然と学びたいと思うような環境作りが大切です。

例えば、学習計画を立てて目標を持つことで、やる気が湧いてくるでしょう。また、計画通りに学習が進んだら、素直に褒めてやることで、自信をつけることも大事です。

しかし、調子が悪い時は無理に進めるのではなく、適度な休息を取らせることも忘れてはいけません。

学習アプリを活用した家庭学習

学習アプリをやっている様子

最近では教育現場もデジタル化が進行しており、中でも家庭学習の領域においてもその影響は大きいです。

教育アプリの利用は、家庭学習をより効率的で楽しく、そして多様な学習内容を網羅できるツールとして注目されています。

内容は算数や国語はもちろんのこと、少し大きくなったら英語学習などにも手を広げることができます。

また、アプリによってはプログラミングを学べるものもあり、これからの時代に必要とされるスキルを身につけることも可能です。

スマートフォンやタブレットを使用した教育アプリは、子どもたちにとって身近な存在であり、勉強というとついつい嫌々になりがちなものも、アプリを使うことで楽しみながら取り組むことができるでしょう。

学習アプリの活用法

学習アプリを効果的に活用するためには、まず目的を明確にすることが重要です。

算数の計算力を鍛えたい、国語の語彙力を上げたい、英語の発音を身に付けたい、その目的によって選ぶアプリも変わってきます。

また、子供の学習スタイルに合ったアプリを選ぶことも大切です。

文字が多く説明主体のアプリは読むのが得意な子供向け、一方でビジュアルが豊かでゲーム感覚で学べるアプリは視覚重視の子供にピッタリだと言えます。

学習アプリはあくまで学習の一環であるため、必要な時間を確保し、使用後は復習や反省会を行うことも大切です。それにより、子供一人一人の特性に合った最適な学習法を見つけることができます。

評判の良い学習アプリ一覧

学習アプリは数多く存在しており、それぞれ特色や得意な教科などがあります。

その中でも特に評判の良いアプリとしては「うんこゼミ」というアプリが挙げられます。

小学3年から推奨ですが、国語、算数、理科、社会、英語、教養問題の教科について幅広く網羅しており、ゲーム感覚で問題を解いていく学習アプリです。

学力アップというよりは、宿題のやる気が低い、勉強をやりたくない、机に向かいたくないといった子どもに、学習習慣をつけたいときに、ゲーム感覚で楽しめるアプリとして使うことができます。

また、ゲームを進めていくと、「ブリー」というポイントをためていきます。「ブリー」をためると、グッズと交換できます。

うんこゼミ」は月額費用が掛かりますが、10日間の無料体験ができます。レビュー記事を作成しましたので貼っておきます。

家庭学習のワークブックの活用法

小学生の家庭学習にとって、ワークブックは切っても切れない存在です。

子どもたちにとっても、手対しを感じることができ、具体的な学習の目標がはっきりするため、使う側からも支持されています。

さらに、ワークブックは、自宅での学習を支える道具の一つとして、大いに利用価値があります。

なぜなら、学習を可視化できるからです。しかし、ただ問題を解くだけで終わらせてしまうのではなく、もっと有効に使う方法があるのです。

以下に、ワークブックの役割と利点、ヒットするワークブックの特徴、ワークブックのうまい使い方を紹介していきます。

ワークブックの役割と利点

ワークブックには多くの役割と利点があります。

まず、一つは自己学習の支援です。学校の授業とは違い、自主学習は自分自身が主導で取り組む必要があります。

その際に、ワークブックは教科書の内容を補完し、具体的に何をどのように学ぶべきかという指針を提供します。また、自分で考えて答えを出す力が身につくことも、ワークブックの大きな魅力です。

また、完成させる達成感も大事な要素の一つです。さらに、ワークブックのエクササイズを終えると、子供たちは自分が何を学び、何を理解できたのかを確認することができます。

この達成感は、学習意欲の向上に大いに寄与するでしょう。

ヒットするワークブックの特徴

ヒットするワークブックには何が必要なのでしょうか。

まず一つ目は、本文と強く結びついた内容を持っていることです。
つまり、教科書の内容を深堀りする問題が豊富であることが求められます。
また、子供たちが自分で解答できる難易度でありながら、理解を深めるためのヒントや解説がついていることも重要です。

さらに、学習者が興味を持つことができるような楽しい問題も含まれていると良いでしょう。
こうした要素がバランス良く取り入れられているワークブックが、子供たちからの支持を受けるでしょう。

ワークブックのうまい使い方

ワークブックのうまい使い方について説明します。

大事なのは、ただ問題を解いて終わりにしてしまわないことです。
それよりも、問題を通じて何を学んだのか、自分自身でしっかりと確認することが大切です。
そのために、問題解答後に自分で答えの確認や反省を行うようにしましょう。

また、わからない問題が出てきたときは、ただ答えを見て終わらせてしまわないで、しっかりと理解するまで取り組むことが肝心です。
家庭学習において、ワークブックをうまく活用し、自主学習の向上を目指しましょう。

家庭学習をサポートする親の役割

勉強する兄弟と親

家庭学習の成功は、決して子供だけの力で成し遂げられるものではありません。

その背景には必ず親の存在とその支援があるのです。

親の役割は、子供の学習に対する接し方や支援の具体的な方法、そして子供とのコミュニケーションを通じて得られる成果など、多岐にわたります。

親の適切な関与が子供の自主性を育み、より効果的な学習習慣を形成するためには欠かせません。
本文では、親が家庭学習をどのようにサポートするべきかについて、具体的な方法を提案します。

親の接し方が子供の学習意欲に与える影響

子供の学習意欲は、親の接し方に大きく影響されます。
親が子供のガミ詰めた態度で勉強を指導したり、無理に時間を確保しようとすると、子供は学習に対するネガティブな感情を抱いてしまいがちです。その結果、自然な学習意欲が湧かず、自主的に学ぶ姿勢が育たないのです。

それに対し、親が穏やかな態度で子供の学習をサポートし、子供の興味や適性を尊重し、適切な助言を与えることで、子供は学習へのポジティブな意欲を持つことができます。その結果、子供自身が自主性を持って学習に取り組むことが可能になるのです。

子供を上手にサポートするコツ

親が子供の学習を上手にサポートするコツは、明確な目標設定と共感的な態度です。
親が子供の学習に対して明確な目標を設定し、その達成を具体的に伝えることで、子供は自身の成長と向上を見出すことができます。

また、親が子供の挫折や不安を共感的に理解し、穏やかな態度で対応することで、子供は自身の思考を自由に表現することができます。

これによって、子供は自主学習の達成感と自己評価を得ることができ、学習意欲を高めることができます。

親子のコミュニケーションで得られる成果

親子間での学習に関するコミュニケーションは、家庭学習を成功させるための鍵となります。
コミュニケーションを通じて、親は子供の学習意欲や悩みを理解し、適切なアドバイスや支援を提供することができます。

また、子供は自己表現の場を持つことができ、自己理解を深め、自主学習に対する意欲を育むことができます。

生産的な親子間のコミュニケーションを続けることで、子供は自尊心や自己効力感を高め、自己主導的な学習へと進むことができるのです。

まとめ|家庭学習の成功へ、今すぐ行動を!

小学生のお子さんの家庭学習をサポートするための方法やポイントを詳しく解説しました。

親としての役割は、子供の学習意欲を引き出し、一緒に勉強する時間を大切にし、その成果をしっかりと評価することです。

また、家庭学習の環境作りや教材の選び方も重要な要素となります。

この記事を参考に、お子さんの学習意欲を高め、家庭学習をより有意義なものにしてください。最後に、行動を起こすことが何よりも大切です。


今すぐにでも、お子さんと一緒に学習のステップを踏み出しましょう!

まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

企業に勤めるサラリーマンブロガー
普段の生活で困ったことや悩んでいることをすっきりさせたい。
さばブログライフでは普段の「どうしよう」を解消していくブログです。
副業バンザイ
1児の父

コメント

コメントする

目次