小学校の勉強についていけないと感じる時はどうしたらいいか

当ページのリンクには広告が含まれています。
学習アイキャッチ画像

うちの子ども学校の勉強についていけてるかしら

『なぜうちの子は小学校の勉強についていけないの?』という疑問、深い悩みを抱えていませんか?

私も小学生の子供を持つ親として、勉強との向き合い方を調べてきました。ここでは勉強についてきてないかなと悩みだしている親御さんに何か共感してもらえたらと思い、記事にしました。

子どもの意識を変えるのは家庭の環境や周りのサポートが大切です。この記事では環境やサポートについて解説していきます。

ちなみに、本人のやる気を持たせるツールもあります。

例えばしゅくだいやる気ペンは、累計3万個を超える売り上げを持つコクヨの学習ツールです。鉛筆に装着して宿題をするだけでやる気が成長します。

このようなツールを使ってやる気がのびるパターンもありますが、他にも理由と対策を紹介していきますので、チェックしていきましょう。

筆者の紹介

筆者:さば

小学生の子がいる父です。

普段の子育てで悩みを通じて調べたことを、親目線で同じ悩みを抱える親御さんたちに

さばぶろぐライフにて紹介していきます。

目次

小学生が勉強についていけないと感じる理由と対策

宿題をしない子供

小学生が勉強についていけない理由とその対策について詳しく解説します。

  • 学習環境の重要性
  • 学習のモチベーションを高める方法
  • 家庭でのサポートの方法
  • 学校でのサポートの取り組み
  • 専門家や塾のサポートを利用するメリット

学習環境の重要性

学習環境を整えることは、子供が集中して学習するための第一歩です。

特に、自宅での学習環境は、子供の学習意欲や集中力に大きく影響します。学習環境を整えるためのポイントを紹介します。

適切な場所の選定
学習する場所は、子供が落ち着いて学習できる場所を選ぶことが重要です。
リビングや自室など、子供がリラックスして学習できる場所を選びましょう。
特にリビングでの学習は、親が子供の様子を見守ることができるため、安心して学習を進めることができます。ただし、テレビの音などの外部のノイズに注意が必要です。

学習時間の設定
学習する時間も、子供の集中力や学習意欲に影響します。
学校から帰宅後や入浴後など、子供がリフレッシュして学習に取り組める時間を選ぶことがおすすめです。また、朝の時間を利用して学習することも効果的です。

学習道具の整理整頓
学習道具を整理整頓することで、学習を始める際のハードルを下げることができます。
また、必要な道具がすぐに手に取れる環境を作ることで、学習の効率も向上します。

学習のモチベーションを高める方法

学習のモチベーションを高めるための方法について紹介します。

モチベーションを高めることで、学習に対する意欲や集中力が向上し、学習の効果も高まります。

目標設定
学習の目標を明確に設定することで、学習の方向性や意義を確認することができます。
具体的な目標を設定することで、学習のモチベーションも高まります。

達成感を得る
学習の進捗を確認することで、達成感を得ることができます。
達成感を得ることで、学習のモチベーションがさらに高まります。

親や友人とのコミュニケーション
学習の成果や悩みを親や友人と共有することで、学習のモチベーションを高めることができます。

家庭でのサポートの方法

家庭でのサポートは、子供の学習意欲や学習効果を高めるために重要です。

以下に、家庭でのサポートの方法を紹介します。

  • 共に学習する
    親が子供と一緒に学習することで、子供の学習意欲や集中力を高めることができます。
    また、親子でのコミュニケーションの機会も増え、学習の楽しさや意義を共有することができます。
  • 学習の進捗を確認する
    子供の学習の進捗を定期的に確認することで、学習の方向性や意義を再確認することができます。
    また、学習の成果を確認することで、子供の自信や学習意欲も高まります。
  • 学習環境を整える
    学習環境を整えることで、子供が集中して学習するための環境を提供することができます。
    学習道具の整理整頓や学習場所の選定など、学習環境を整えるための方法は多岐にわたります。

学校でのサポートの取り組み

学校でのサポートは、子供の学習意欲や学習効果を高めるために重要です。以下に、学校でのサポートの取り組みを紹介します。

  • 先生とのコミュニケーション
    先生とのコミュニケーションを通じて、子供の学習の悩みや課題を共有することができます。
    また、先生からのアドバイスや指導を受けることで、学習の方向性や意義を再確認することができます。
  • 学習サポートの活用
    学校では、学習サポートのプログラムや教材を提供しています。
    これらのサポートを活用することで、子供の学習意欲や学習効果を高めることができます。
  • 学習の成果を共有する
    学習の成果を学校やクラスで共有することで、子供の自信や学習意欲を高めることができます。
    また、学習の成果を共有することで、学習の楽しさや意義を共有することができます。

専門家や塾のサポートを利用するメリット

専門家や塾のサポートを利用することで、子供の学習意欲や学習効果を高めるためのメリットがあります。
以下に、専門家や塾のサポートを利用するメリットを紹介します。

  • 専門的な指導を受けることができる
    専門家や塾の先生から、専門的な指導やアドバイスを受けることができます。
    これにより、子供の学習の課題や悩みを解決することができます。
  • 学習のモチベーションを高める
    専門家や塾のサポートを利用することで、子供の学習のモチベーションを高めることができます。
    また、専門家や塾のサポートを通じて、学習の楽しさや意義を再確認することができます。
  • 学習の成果を確認する
    専門家や塾のサポートを利用することで、子供の学習の成果を確認することができます。
    また、学習の成果を確認することで、子供の自信や学習意欲も高まります。

小学生の学習サポート方法

  1. 学習環境を整える
    学習する場所は、静かで集中できる環境が理想です。
    特に、テレビやゲーム、スマホなどの電子機器の影響を受けない場所を選ぶことが大切です。
    また、机や椅子の高さも子供の身長に合わせて調整することで、正しい姿勢での学習が可能となります。
  2. 学習のリズムを作る
    毎日の学習のリズムを作ることで、学習の習慣が身につきます。
    例えば、放課後や夕食後の一定の時間を学習時間として設定することで、子供自身が自発的に学習する姿勢を持つようになります。
  3. 質問には正確に答える
    子供が学習中に質問をしてきたとき、その質問には正確かつ分かりやすく答えることが大切です。
    また、答えを知らない場合やあいまいな時は、感覚で答えるのではなく、答えを見て確認し正確な答えを教えましょう。
    他に一緒に調べるなどして、子供の好奇心を大切にすることもできます。
  4. 励ましの言葉をかける
    学習の進捗や成果に対して、積極的に励ましの言葉をかけることで、子供の学習意欲を高めることができます。
    特に、難しい問題を解決したときや、一生懸命努力したときには、その努力を認めて褒めることが大切です。
  5. 適切な学習教材を選ぶ
    子供の学習レベルや興味に合わせて、適切な学習教材を選ぶことが重要です。教材選びに迷った場合は、学校の先生や専門家に相談することも一つの方法です。
    宿題以外の教材として有名なものだと、うんこドリルがあります。小学生の2人に1人持っているといわれるドリルは試してみてもいいかもしれません。
created by Rinker
文響社
¥1,265 (2024/06/20 22:09:17時点 Amazon調べ-詳細)

以上が、小学生の学習サポートの方法になります。子供の成長や学習の進捗に合わせて、柔軟にサポートすることが大切です。親として、子供の学習をサポートする際の参考にしていただければ幸いです。

小学2年生が勉強についていけない時の対応策

親子で学習する画像

小学校2年から、かけ算がカリキュラムに入ってきます。
かけ算は算数の今後の勉強で大元になってきますので、がんばりたいところです。
うまくやる気をひきだして、子どもとやる気を引き出していきたいですね。
がんばりどころとして、小学2年を題材に載せました。

  1. 基本的な学習習慣の確立:
    • 毎日の学習時間を決め、ルーチン化することで、学習の習慣を身につけることが大切です。
    • 定期的な休憩を取り入れながら、集中して勉強する時間を設けると良いでしょう。
    • 宿題をやっていくコツとして、宿題を早く終わらせる方法という記事を書きましたので参考にしてみてください。
  2. 学習環境の整備:
    • 静かで明るい場所での学習が効果的です。
    • 必要な教材や文房具を整理整頓して、学習に集中できる環境を作ることが重要です。
  3. わからないことはすぐに質問:
    • 学校の先生や家族にわからないことをすぐに質問することで、理解の深まりやモチベーションの向上が期待できます。
  4. 個別指導や塾の利用:
    • 個別に指導を受けることで、わからない部分を徹底的に学ぶことができます。
    • 塾などの外部の学習機関を利用することで、学習のサポートを受けることが可能です。
  5. 親のサポートとコミュニケーション:
    • 子供の学習の様子を観察し、適切なアドバイスや励ましを行うことが大切です。
    • 子供とのコミュニケーションを大切にし、学習のモチベーションを高めるサポートを心がけることが重要です。
  6. 学習の目標設定:
    • 短期的、長期的な目標を設定し、それを達成するための計画を立てることで、学習の方向性や意義を明確にすることができます。
  7. 学習の楽しさを見つける:
    • 学習を楽しむことで、自然と学習時間が増え、理解も深まります。趣味や興味を取り入れた学習方法を試してみると良いでしょう。
    • 楽しく勉強をする方法はいくつかありますが、ツールを使うのもいいですね。
      しゅくだいやる気ペンはペンを握っていつも通りに宿題をするだけで、子どものやる気を伸ばします。

これらの対応策を取り入れることで、小学2年生の子供が勉強についていけるようになる可能性が高まります。親としてのサポートと理解が非常に重要であることを忘れずに、子供の学習をサポートしてください。

親としての心構えとサポートの仕方

小学生の子供が学習に取り組む中で、親としてどのような心構えでサポートすれば良いのか、以下に詳しく解説します。

  1. 子供の気持ちを理解する:
    • 子供が学習に対して抱える悩みや不安を理解することが大切です。
    • 学習の難しさや挫折感を感じている場合、一緒に考え、共感することで子供の心を支えることができます。
  2. プレッシャーをかけずに励ます:
    • 過度なプレッシャーは子供の学習意欲を低下させる原因となります。
    • 小さな成功や努力を認め、ポジティブな言葉で励ますことで、子供の自信を育てることができます。
  3. 定期的なコミュニケーションをとる:
    • 学習の進捗や悩み事など、日常の中で子供とコミュニケーションをとることが重要です。
    • 子供の話をじっくりと聞き、感じていることや考えていることを理解することで、適切なサポートができます。
  4. 適切な学習環境を整える:
    • 学習に集中できる環境を整えることで、効率的な学習が可能となります。
    • 明るく静かな場所、必要な教材や文房具を整えることで、子供が学習しやすい環境を作ることができます。
  5. 外部のサポートを活用する:
    • 塾や家庭教師、学習サポートサービスなど、外部のサポートを活用することで、子供の学習をサポートすることができます。
    • 子供のニーズや状況に合わせて、適切なサポートを選択することが大切です。
  6. 自分自身の学びを継続する:
    • 子供の学習をサポートするために、親自身も新しい知識や情報を学ぶことが重要です。
    • 学習方法や教育に関する情報を取り入れることで、より効果的なサポートができます。
  7. 子供の自主性を尊重する:
    • 子供が自分で考え、行動することを尊重し、自主性を育てることが大切です。
    • 過度な干渉や指示は避け、子供の意見や考えを尊重することで、自立した学習態度を育てることができます。

親としての心構えやサポートの仕方を意識することで、子供の学習をより効果的にサポートすることができます。子供の成長や学習の過程を大切にし、一緒に学びの旅を楽しむことが重要です。

勉強についていけない子供の将来への影響

学習をみんなでやっている様子

勉強についていけない子供が将来にどのような影響を受けるかは、その原因や背景、対応方法によって異なります。
以下は、一般的な影響とその対処法についての情報です。

  • 自己評価の低下: 学業に対する自信の喪失や劣等感を感じることがあります。これは、社交的な場面や他の活動においても自己評価の低下を引き起こす可能性があります。
  • 社会的な孤立: クラスメートや友人との関係に亀裂が入ることがある。特に、学業の成果を基にしたグループ活動やチーム活動での役割が限定されることが考えられます。
  • 進学・就職への影響: 学業の遅れが続くと、進学や就職の選択肢が限定される可能性があります。
  • 学習のやる気の喪失: 一度学習に対するモチベーションを失うと、それを取り戻すのは難しくなります。

対処法:

  1. 原因の特定: 学習の遅れの原因を特定することが重要です。例えば、学習障害や注意欠如・多動性障害(ADHD)などの可能性も考えられます。
  2. 適切なサポート: 学校のカウンセラーや専門家と連携し、適切なサポートを受けることが重要です。
  3. 家庭でのサポート: 親や家族が子供の気持ちを理解し、一緒に学習の方法を見つけることが大切です。
  4. 学習方法の見直し: 伝統的な学習方法が合わない場合、異なるアプローチを試みることも考えられます。

勉強についていけないことは、子供の将来に様々な影響を及ぼす可能性がありますが、適切なサポートと理解をもって接することで、その影響を最小限に抑えることができます。

学習意欲を高める方法として、ゲームアプリの利用もひとつです。

うんこゼミ」は問題を解きながらゲームを進めていく勉強アプリです。

月額2480円(税込)かかりますが、10日間の体験ができますで試してみてもいかがでしょう。

体験レビュー記事をこちらにまとめています。

まとめ|子供の未来を明るくするための行動を今すぐ始めよう

小学生のお子さんが学習についていけないと感じる場合、その背後には様々な原因が考えられます。
しかし、親としての理解やサポートがあれば、その悩みを乗り越える手助けとなるでしょう。
この記事で紹介した方法を参考に、子供の学習をサポートし、明るい未来を築くための行動を今すぐ始めてみてください。

他にも紹介したい記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

企業に勤めるサラリーマンブロガー。1児の父。
普段の生活で困ったことや悩んでいることをすっきりさせたい。
さばブログライフでは普段の「どうしよう」を解消していくブログです。

コメント

コメントする

目次